TAG

流産

流産を避けるために有効なこと

流産を避けるために有効なこと 英ウィメンズクリニック 岡本恵理 先生 大阪市立大学医学部、同大学院の医学研究科修了。大阪市立大学医学部附属病院、大阪市立住吉市民病院、大阪府済生会千里病院の各産婦人科を経て、2007 年1月より英ウィメンズ クリニックに勤務。2013年6月より妊孕能温存部門部長に就任。 ※この動画は24年に撮影されたものであり、先生のご意見はその当時のご意見となります。

着床前診断でA 判定の胚盤胞でも流産?

なおチロリンさん(36歳) 5回移植し、3回妊娠できたものの全て6週前後の心拍確認前に流産。着床前診断でA判定の胚盤胞をPRP療法まで採用し移植しましたが、心拍確認できませんでした。 神奈川レディースクリニック 齋藤優 先生  慶應義塾大学医学部卒業。大学病院時代に、小林先生と同じ生殖内分泌・不育症・不妊症の研究室に所属し、研究診療。その後、東京歯科大学市川総合病院や米国NIHにおいて研鑽を積む。 […]

流産の原因は?

KAさん(38歳) ■治療ステージ:その他 ■妊活歴:〜半年 ■AMH:2 ■治療状況 体外受精2回、人工授精1回 《質問》 先日、人工授精にて妊娠確認ができ、心拍も8週まで確認できました。しかし、10週で9週から育っていなく流産となりました。これまでに化学流産、繋留流産を含み3回目の流産になります。特に不育症の所見も染色体異常の所見もなく、流産を繰り返してしまうのかと不安でいます。どんな要因が絡 […]

>jineko.tv

jineko.tv