CATEGORY

浅田レディースクリニック

7月9日のジネコオンラインセミナーwith浅田先生の録画公開です。

今回の公開は、7月28日までとなりますのでご注意ください!

公開コンテンツ

①妊娠の検査について
②子宮の円錐切除による妊娠の確率
③遺残卵胞について
④移植に向けてPGT-Aは有効?
⑤受精の可能性と今後の採卵について
⑥着床不全の原因について
⑦卵管水腫について
⑧卵巣刺激の方法について
⑨刺激方法について
⑩2個移植について
⑪移植に向けて出来ること
⑫治療と仕事の両立
⑬あくまでも卵が主役
です。
また、それまでに浅田先生がお答えくださった内容もご視聴いただけます。

着床率を上げる方法

40代に入り、AMHも低下してきた中で、治療方針に迷われています。 せっかくできた受精卵も着床しないと、妊娠に至らない…そんな中、限られた条件でいかに治療を進めていくか?浅田先生がお答えします。 浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の勝川、名古屋駅前のほか、 […]

クロスマッチ検査とTh1とTh2の比率が悪い

着床環境への検査は近年増えてきているように感じます。 そうですよね、せっかくできた受精卵、着床不全が原因で妊娠に至らないなんて辛いです。 その検査に関して、また打開策に関して浅田先生が解説してくれています。 浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の勝川、名古屋 […]

卵子の質の改善方法

不妊治療の過程で、『卵子の質が良くない…』という言葉をしばしば目にします。 卵子の質というのは、そもそも何のことなのでしょうか? また、卵子の質は改善できるものなのでしょうか? 浅田先生が解説してくださりました。   浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、 […]

グレードの低い初期胚移植は意味がない?

せっかく作った受精卵、胚盤胞まで育ってくれたらいいのだけれど… ケースバイケースでは、初期胚での移植を試みることもあるようです。 ここでは、初期胚移植に関する浅田先生の見解をご覧いただけます。 浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の勝川、名古屋駅前のほか、昨 […]

ピックアップ障害は自然妊娠できない?

不妊原因の中でも有名なピックアップ障害… ピックアップ障害があれば、自然妊娠は期待できないものなのでしょうか? 気になる悩みを浅田先生がお答えくださります。 浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知県の勝川、名古屋駅前のほか、昨年5月には東京・品川駅前にもクリニッ […]

高齢出産で特に気をつけることは?

妊活は、妊娠することがゴールではなく、出産までが大切です。 高年齢の妊活は、ただでさえ大変なのに、高齢出産となるとまたリスクがつきものです。 ここでは、浅田先生に高齢出産で特に気を付けることについてお話しいただいています。 浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子を用いた顕微授精による妊娠例を報告。現在、愛知 […]

ステップアップのタイミングについて

不妊治療は、ステップアップという考え方で進んでいくのがスタンダード。 これは、より自然な妊娠に近づけるため、余計な治療を避ける目的もあります。 また、治療に無駄な時間を掛けず効率的に結果を出すためにも重要な考え方です。 浅田先生にステップアップについて聞いてみました。 浅田 義正 先生名古屋大学医学部卒業。1993 年、米国初の体外受精専門施設に留学し、主に顕微授精を研究。帰国後、日本初の精巣精子 […]

>jineko.tv

jineko.tv